大分の旅館『天水』レビュー!宿泊迷ってる人に読んで欲しい実際に泊まったおまめの口コミ

こんにちは、おまめです。

我が家ネタですが、大分県にある天ケ瀬まで毎年お墓参りに行きます。

いつもは日帰りなのですが、義母の提案で今年は旅館に1泊することになりました。

宿泊先は天ケ瀬の温泉街から少し山を登った所にある旅館、天水です。

実はこの旅館、昨年のお墓参りの際に立ち寄りで家族風呂を利用したところなんです。

お風呂に入った後、お手すきだった旅館の方に特別室を案内していただいて、お部屋や設備など気に入った義母が『来年のお墓参りの時はここに泊まりたい。』と言っていたのをなんと、今年本当に実現させたのです(笑)。

夢を1年で実現させちゃった義母、素晴らしくも恐るべし!

私たち夫婦もちゃっかりご一緒させていただきました(えへ)。

(ついでに旦那の弟夫婦も一緒でした)大人5人+乳幼児3人・・・・。

↑書くとすごいメンツだな。

本ページはそんな天ケ瀬の天水に泊まった感想です。

きっと迷ってる方は行きたくなる・・・はず。

10月下旬。

心躍る秋の行楽シーズン。

温泉に行くにもちょうどよい気候です。

天水までは、福岡から都市高速+九州道、西九州道経由で天ケ瀬I.Cまで向かいます。

インターを降りて天ケ瀬温泉街からは車で5分ほど山道を登った所に天水はあります。

初めての方でもところどころに案内の看板があるので安心です。

が、獣道っぷりにびっくりする事でしょう。

私も昨年はビビりながら運転しました。

敷地に入ってから駐車場まで細い路地を下って着くとスタッフさんが荷物を取りに来てくださいました!荷物が多かったので助かります!

着いた時間がチェックインの15:00よりも早かったのでラウンジでお菓子とお茶をいただき、庭先で子供達とどんぐりを拾ったりして遊びました。

そこそこに時間も過ぎたころ、スタッフの方からお部屋までの案内がてら旅館内の温泉の場所や施設に関して一通り説明を受けます。

この時点でびっくりしたことが一つあって。

普通、旅館といったら浴衣が置いてあると思うんですが、なんと天水は浴衣の他に上下に分かれたパジャマのような寝間着も置いてありました!

紺色のしっかりとしたガーゼの寝間着です。

私は浴衣で寝るとすぐにはだけてしまって、起きた時に浴衣着てるか着てないかわからない事になるのが嫌で荷物の中に部屋着を入れてたのですが、ここでは不要でした!

子供には可愛い甚平もありましたよv(お持ち帰りしたいくらい可愛い)

↑今回泊まったお部屋です。

2間つづきのお部屋で川が流れてる景色が楽しめるテラスもありました。

ご飯の時間を18:00に設定して、売店をチェックしたり部屋でゴロゴロしてからお風呂に行くことに。

手始めに今回通された部屋から一番近い内湯+露天があるお風呂に入りました。

こちらの旅館のお風呂に共通することですが、

泉質は気持~~ちトロトロ目というところでしょうか。

微かに硫黄の香りがするかしないか程度で付き合いやすいと思います。

どのお風呂に入っても温度は暑すぎず温くなくちょうどよい位に管理されていました。

佐賀県にある嬉野温泉や古湯温泉ほどトロットロではないです。

内湯でしっかりあったまってから露天に行きましょう。。。

冷え性なんで、いきなり露天に行くと道中寒くて死にます。

あ。シャンプー、リンス、ボディーソープ、ドライヤーなどの基本セットはちゃんとありましたよ!(家族風呂や2Fの露天などは、一部置いてないアイテムもありました)

家族風呂は空いてる時間だと無料で何回でも入れます。

ちなみに昨年と今回とで家族風呂全5か所中4か所入りました(笑)。

もちろん、普通のお風呂も一通り入りに行きましたよ!

途中小腹が空いたのをぐっと皆で我慢して迎えた夕食の時間。

今回子連れで2家族だったので部屋だしの食事ではなく個室に案内されました。

照明を落とした部屋で少しだけ灯篭のような明かりがあってムーディー感満点!

だったのですが、うちは子連れでちびっこが暴れまくるため誰かが即電気つけちゃいました(笑)。

すいません。。。

大人の料理はもちろんなんですけど、子供のご飯もびっくりするくらい豪華でした。

大人が食べたいお子様ランチ的な。。。エビフライが見たことない位大きかった!

ちゅんが残したものを私と旦那とでつまみ食いしたのですが、味も申し分なし!

天神のその辺のお店でいただくものより段違いにおいしかったです。

でもちゅんが一番おいしそうに食べてたのは大人用に出されてた松茸の土瓶蒸しでした。

(これは通常のコースにはなく時期もので追加料金+2000円)

私34年生きてて初めていただけたのに、なんて贅沢な2歳児だ。

しっかり2時間半以上かけていただいたお食事でお腹もパンパンです。

大人の男性でも足りないなんてことはまずないと思います。

↓これらがこの日の夕ご飯でした。

お料理はどれも手が込んでて本当に美味です。

デザートの栗のアイス特に好き。私普段アイス食べないんですけどこれ売ってほしい。

食後に予約してた家族風呂にほぼ休憩なしで向かいましたとさ。(5部屋のうちの1部屋です)

食後のお風呂の後、本館に行くまでのお庭がとても幻想的な風景でしたよ。

一日運転して疲れたのか(旦那が寝てたから私がずっと運転してた)、この日はすぐに寝付くことができました。

早朝、ちゅんがまだ起きないのをいいことに旦那と滝が見える露天に向かいます。

天水のお風呂の中で、私的にここが一番オススメです。

朝の冷気を含む澄んだ空気に立ち昇る湯気。

柵の向こうには勢いよく流れる滝の音に広がる山々の風景。

温泉でしっかり温まっては風呂から上がりイスに腰掛けてぼーっと眺めたい景色です。

なんと旦那が男風呂を撮っててくれました。ちょうど人がいなかったんだって。

しっかり温まって義母と交代して目覚めたちゅんと遊びながら朝食の時間を待ちます。

夕食の時に使った部屋で朝食もいただきました。

一夜干しがおいしくておいしくて。

どこでもそうなんですが、旅館に泊まりに行くと朝食を食べ過ぎてしまい困ります。

ここでもご飯お替りしてしまいました。

普段小食な旦那なのですが、3杯もご飯おかわりしてました。。。

敷地内に散策できるところがあるのですが、1泊だとそこまでまわれず時間切れのようです。

朝食後に貸し切り風呂と内湯を回りチェックアウトとなりました。

1泊して、義母が

「また来年も来たい。今度は部屋にお風呂がついてるとこ泊まる?」

との感想を残した天水。

2家族で風呂付の部屋1つ借りても・・・ばぁばは皆一緒で嬉しいだろうけど私たちお嫁さんズがちょっと困るかな。特に旦那の弟の嫁が。

旅館の方のお話だと、今は料理の方が充実していて2番手の方も料理長クラスのようでお料理にはとても自信があるようです。

有名人の方や野球選手も宿泊されるんだとか。

とても運が良い方は宿泊してる音楽関係者のリハーサルをラウンジで聞くことができたりもするようです。(すごい!)

施設、設備、温泉、料理、どこをとっても合格点でした。

機会があればぜひ一度宿泊してみてください。

私もまた泊まらせていただきたいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする