【実録 福岡保活最前線 9】

福岡市で長男を保育園に入れようと頑張ってみた

4月からの保育園の入園も決まり、職場もひとまず復帰できそうでほっとした我が家。

ともかく、まずは4月に入ってからの慣らし保育をスムーズに進めることが大切です。

(スムーズに進まないと最悪職場の復帰予定日に復帰できないとのこと。

まぁ、実際そんなことあるかは謎ですが。)

ここで4月入園の際の職場復帰までのスケジュールをざっくりご紹介します。

あくまでも我が家基準ですのでご了承ください。

慣らし保育と職場復帰

今回4/1で入園が決定した我が家の場合。

じゃあ、4/1から働ける~~♪

ちょっと待った!

安易に職場復帰日を4月1日と考えてた私!

それじゃ復帰できませんよ。

そう、子供が保育園に慣れてもらうための【慣らし保育】の期間を加味してから職場復帰日は設定しましょう。

我が家は慣らし保育の期間を2週間みて4月16日の職場復帰にしました。

とは言っても、入園式4月1日じゃないから実際には本当に2週間ない位の慣らし保育ですが(笑)。

どきどき、慣らし保育初日

無事入園式を終えた我が家。

私はギリギリまで保育園に必要な準備品を用意していました(汗)。

そして、いよいよ慣らし保育1日目です。

保育園の教室に着いたちゅんは予想外の行動をとりました。

他の泣いている子を慰めるかのようにハグをしたのです。

しばらくそのままハグ(笑)。

『かわいぃっ』

ずっと見ていたかったのですがその隙に、

「楽しくやってね~~。」

と声をかけてそのまま保育園を脱出。

少しして私がいないことに気づいたちゅんは、ほかのどの子よりも大きな声で泣き出したのでした。

園の外まで聞こえたよ・・・。

そして正午。

お見送りの時がぎゃん泣きだったから、そのままずっと泣いてるなんてことないよな~とか心配しつつお迎えに行くと給食おかわりしてたちゅんでした(笑)。

帰宅すると普段はしない一人遊びをしだすちゅん。

私から離れてる数時間でぐんとお兄ちゃんになった感じがしたのでした。

続。慣らし保育

とにかく大変だった慣らし保育の2、3日目。

朝、保育園に着くなり車の中でぐずるちゅん。

とにかく私を離すまいとべったり。

離れて先生に預けるときはぎゃん泣き。

泣きすぎたのか迎えに言ったら目は腫れてる。

更にお迎えから帰宅後もキーキーと機嫌悪し。

保育園で慣らし保育を始めて変わったことが他にもあって。

それはちゅんが眠たくなる時間が早くなったこと。

前は21時過ぎても起きてたのに、今は20時過ぎたらぐずぐず言ってる。

慣れない環境で頑張っているんだね。

そう考えると涙が出てきたのは内緒の話。

慣らし保育も終盤に差し掛かったころ。

ちゅんの体調に変化がありました。

夜、発熱+咳+鼻水で熟睡できないちゅん。

慣らし保育9日目にして風邪をもらってきたかな。

翌日、熱は40℃を超えてるし嫌な予感しかしない。

検査の結果、ヒトメタニューモウイルス陽性でました。

どうやらRSウイルスの親戚みたいなものらしいけど、冗談じゃない。

仕事復帰後不安でしかなかったけど、これって仕事復帰すらできないフラグ立ってない?

病院で点滴をうけるちゅんは、ぐったりしながらもずっと私にしがみついてる。

大丈夫だよ、ママはちゃんと一緒だよ。

結局復帰日までに色々あったもののちゅんは全快せず、仕方なく私の実家にちゅんを預けて予定通り仕事復帰することに。

(持つべきものは近くの実家!ありがたや!!)

復帰翌日、一晩中嘔吐と下痢で寝れない夜が私を待っているのでした。

ウイルス性胃腸炎の恐怖

仕事復帰後久しぶりの業務で体は疲れてるのに襲ってくる嘔吐感にトイレに駆け込まなきゃ間に合わないピーピー感。

夜が明け義母と顔を合わせるとどうやら義母も下痢しているよう。

夜勤の旦那も早退して朝方帰ってきました。

3人揃って時間差で病院に駆け込んで先生からもらった診断はウイルス性胃腸炎でした。

何が原因だっ!!?

そんなん言われても復帰後簡単に休めないよ!

私は根性だけでその日の業務をこなし(泣)。

2日位我が家を腸炎の恐怖が襲ったのでした。

病院の先生から「だいぶひどいですね~。」なんてコメントもらったりして。

数日後、ヒトメタニューモウイルスからだいぶよくなったちゅんを病院で診てもらい無事登園許可証をいただき、そしてその足で早速ちゅんを保育園に預ける私でした。

結局、復帰日を決めて慣らし保育を進めてはみたものの、ちゅんが病気をどこからかもらってきた為スケジュール通りにはなりませんでした。

皆さんも予定はあくまでも予定として、とりあえず慣らし保育の期間だけはしっかり作って予定通り復帰できたらラッキー♪位に思ってたほうがいいかも。

思い通りにならないのが子育てかもしれないし。

きっとこれからもすぐに色んな病気もらってきて仕事休むことが多いでしょうし。

申立書?保活のオチがここにあった

仕事復帰して半月位経った頃、区役所から鬼のような着信がありました。

折り返し電話したもののお互い仕事ですれ違いが多く担当の方とお話できるのに時間がかかってしまい。

役所からの用件はもちろん保育園の事で。

なんでも、保育園申し込み時と復帰後の状況確認書類があまりに違うので本来は退園扱いになる可能性が大きい。

ただ、私がこまめに役所の方に色々相談していたこともあって別途書類を記入してもらうことで保育園の継続利用を認めてもらうとの事。

そんな、状況なんて書類書く前から正直に逐一電話で相談してたやん。とは思ったものの口には出さず黙って話を聞きました。

役所的に書類一枚で終わるものならおとなしくしてるほうがいいと思うのです。

数日後書類を書きに役所へ向かう私。

担当の方に書類をもらい、伺った通りに筆を運びました。

書類も受理していただき、ちゅんは今も保育園に通い続ける事ができています。

初めて子供を授かって、まだ赤ちゃんともいえる小さい子供を保育園に預けて働くという選択をして、子供を抱っこしながら保育園の見学に回って、申し込みに必要な書類を集めて、提出したはいいものの条件(点数)を満たせず届いた保留通知書にがっかりしたり。

運よく内定をもらったはいいものの、勤務先から復帰条件の変更があり、役所や勤務先と相談しながらなんとか今年保育園に息子を通わせることができました。

会社でも役所でも人がやってることだから、困ったことがあったら一人で悩まないで誰かしらに相談するのが出口への近道。

今回私が学んだことです。

ただ、やっぱり今のこの仕組みはとってもおかしいと思っています。

フルタイムで勤務している女性が妊娠、出産ギリギリまで仕事をして会社に籍を置いたまま育児休暇を取り、育休明けのタイミングですら保育園に預けて復帰できるか怪しい状況。

私と同じように子供は小さいけれど、保育園に預けて仕事をしたい、社会で活躍したいお母さんがなんの苦労もなく保育園を利用することが出来たらいいのに。

いつかそんな世の中になるといいなと思います。

長かった福岡保活最前線、これにて閉幕です!

読んでくださった方、ありがとうございました!!!

【実録 福岡保活最前線8】

【実録 福岡保活最前線1】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする