【実録 福岡保活最前線 5】

福岡市で長男を保育園に入れようと頑張ってみた

こんにちは、おまめです。

この【保活最前線5】では、前項で見つけた0歳児クラスの空きがあったS保育園の見学をしてきます。

S保育園とはどのようなところでしょうか?

<Sponsered Link>

再び保育園の見学へ

S保育園の場所がわからなかった為インターネットで検索をします。

するともともとの母体は有名なS幼稚園であることがわかり、場所もS幼稚園のすぐ近くでした。

ただしこちらの保育園は小規模保育園の為0~2歳児までしか通えず、3歳児からはまた他の保育園、もしくは幼稚園を探さないといけません。正直保育園一択の我が家では3歳児でまた探す事になるのはちょっと面倒くさいです。

指定された日時。

ちゅんと二人でS保育園に向かいます。

坂道を車でどんどん上っていくととても広い駐車場が見えました。

どうやらその上がS幼稚園のようです。

S幼稚園、規模がものすごいです。

普通の幼稚園じゃなさそうなのは一目でわかります。

さぁ、S保育園はどこだろうとそのまま車で上がっていきます。

ところが、幼稚園を過ぎるとかなりの山道獣道です。

内心、早く保育園出てきてくれ~~と焦りながらそろそろ運転しますが一向に保育園らしき建物は見えません。

いくら何でも、こんな獣道の先に保育園があるわけはないと思いUターンできるスペースを見つけて獣道を戻ります。

下っていくとS幼稚園とだだっ広い駐車場に戻ってきました。

一安心して駐車場に車を停めて保育園を探します。

すると、駐車場から下る道の脇に小さな建物が見えました。

その建物がS保育園だったのです。

一応建物の形はきちんとあるのですが、駐車場の上の幼稚園と比べるとテーマパークと園外のトイレのような規模の差に驚きを隠せません。

ちゅんを連れて保育園の玄関でピンポンを鳴らします。

ここでも元気の良い保育士さんがご挨拶してくださいました。

案内されるまま園内に入ると、0~2歳の子どもたちが一つのフロアにいました。

ちょうど朝の出欠をとっていたようです。

みんなテーブルの傍の小さなイスに座っていてとても可愛らしかったです。

出欠を取り終わると部屋の奥の方にみんなで集まって先生から絵本を読んでもらっていました。

別の先生から保育園の案内をいただいて目を通しながら説明を聞きます。

こちらの保育園は0~2歳児の子供達がみんな同じフロアで過ごすそうです。

夏は小さなお庭にプールを出して遊ぶとの事。外には小さなスペースに遊具もありました。

時にはS幼稚園の運動場にも遊びに行ったりするとの事でS幼稚園の設備も使って遊ばせてもらえるのは嬉しいですね。

保育園自体が割と新しいのか建物も部屋の中もとてもきれいな印象です。

給食はS幼稚園の給食室で作られたものをもってきていただくそうで安心しました。

気になる3歳児以降について話を聞くと、やはり別の保育園、もしくは幼稚園を探す必要があるのですが、S幼稚園を希望するなら優先的に入れてもらえるそうです。

感じの良い先生、比較的新しそうな施設、母体幼稚園との連携など私の中では良い印象を持って保育園の見学を終えることができました。

希望の保育園を追加して申し込み

S保育園の唯一にして最大のマイナス要因がありました。

それは、送迎に時間がかかることです。

自宅から勤務先と保育園が真逆の方角にあり、自宅から保育園まで15分。そこから勤務先まで30分。

朝の忙しい時間帯にお見送りして勤め先に向かうのに45分見ておかないといけないのは厳しいと感じました。

通勤ラッシュも見てだいたい1時間でしょうか。

お迎えもまたしかり・・・。

無理や!!!

そんなことを思いながらも、そもそも保育園に申し込んでも必ず入れる訳じゃないしと役所に申し込みをしに行きました。

(先日4園すべての保育園に落ちたばかりなので・・・)

後は選考を待つばかりです。

0歳児クラス、月120時間労働、保育園の選考結果は・・・

2017年 秋のある日、自宅に一通の封書が届きました。

区役所からの保育園の選考結果の通知です。

封を切って書面に目を通すと、【保留】ではなくまさかの【決定】通知書だったのです!

びっくりしてどの保育園に決まったのだろうと読み進めると、先日見学に行ったばかりのS保育園だったのです。

0歳児クラスなのに、パートタイム月120時間の私がこんな中途半端な年度途中の保育園の選考に通ったのです!

はじめは手放しで喜んでいたのですが、なにせ通らないだろうと思って書いた第5希望のS保育園。

毎日の送迎の負担がやはり頭を離れません。

冷静になって息子を保育園に預けている我が家の一日を脳内シミュレーションすればするほど、やっぱり私には無理なのではという思いを払拭できずにいました。

帰ってきた旦那に一部始終を報告、相談すると、やはりうちの旦那もまさかS保育園に通るとは思っていなかったようでまずは驚き、そして2人で話した結果、やはり毎日のことなのでS保育園に通い始めたとしても続けるのは難しいだろうということになりました。

決定した保育園を辞退 ペナルティーは?

本当に反省しながら私とちゅんは区役所の福祉課へ向かいました。

せっかく入園が決定した保育園なのに自分たちの都合で辞退する事になってしまって。

もしもうちの家庭以外にS保育園を申し込んだご家庭があったとしたら、その方の入園チャンスを奪ってしまった事に深く反省しながら保育園の担当の方に相談しました。

事情を説明し、S保育園を辞退したい旨をお話しし、更に今後もそれ以外の保育園の申し込みは続けたいと伝えます。

担当の方に了承していただき、私は新たに入園申込書の記載を始めます。

記入をしながら、今回保育園を辞退してしまったことで、今後の選考に影響することがあるかを尋ねました。

すると区役所の方はこう答えました。

ペナルティーは全くないですよ。』

福岡市では、一度保育園を辞退してしまったからと言って、その後の保育園の選考が不利になるということはないそうです。

ほっとした私は、もう今年度は記入している保育園以外は考えない事にして申込書の記入を済ませ区役所を後にしました。

福岡保活最前線、身勝手ながらまだまだ続きます。

【実録 福岡保活最前線4】 【実録 福岡保活最前線6】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする