【妊娠、出産の悩み】30週過ぎても切迫早産でも逆子はなおる!逆子矯正編

こんにちは!

無事に出産を終え、会う人ごとに超安産と言われてるおまめです。

37週6日で陣痛開始からなんと2時間30分で出産まで至ってしまいました!

このスピード出産、人からは羨ましがられますが、実際恐ろしいですよ?

覚悟が追い付かないっていう。

痛みレベル2から始まったのが時間を置かずにいきなりレベル6とか8とかになるっていう。

そら付いていけずに発狂するわ。

今回の妊娠も色々あってます。

ちゅんの時も切迫早産で入院したので(32週~36週まで1カ月!)覚悟はしてたけど、今回は時期的にもっと早くて26週から突然の入院生活がスタートしたり。

お盆前位から後期つわり?で食後気持ち悪くなって嘔吐するようになったり(これは出産直前まで続いた)。

24週ごろから検診に行く度お腹のベビーが逆子になっているといわれたり。

この逆子については結果から言うと34週5日ごろの検診で逆子が治りました!

切迫早産と言われていても、逆子をなおすために必死になって色々調べたり行動したりしてみました。

※思ったより長くなったので2回に分けて書いていきます。

ここでは退院後、逆子がなおるまでにやってみたことについてです。

本格的に帝王切開の話題が出て初めて焦る

26週から1週間、切迫早産で入院したのち自宅にて絶対安静を言い渡され1週間程ほとんど寝たきりの状態で過ごす私。

その後、これまで寝たきりで体力的にも身体的にもいうこと聞かなくなった身体を少しずつリハビリ。

これが、中々体力戻らないのなんの。

検診ではNSTと内診とエコーとのフルセット。

以前からエコーの際に逆子で、放っておいても大体なおるからと言われ安心してたのが、30w頃から逆子体操を勧められるように…。

教えて貰って即実践。

簡単そうに見えて、意外ときつい。

はじめは5分で慣れたら10分とか…。

5分でもやっとだよこれ。

出来るだけ毎日続けました。

しかし次の検診で、教えてもらった逆子体操が逆向きだと判明(笑)!

やってたこと意味ないし。

逆教えたらいかんやろ!

気を取り直し、正しい逆子体操を出来るだけ毎日実践しました。

ただ、まだ心のどこかではそのうち元に戻るものと思ってました。

ところが。

予想に反してお腹の赤ちゃんの向きは戻らないまま。

ついに33Wの検診で先生から帝王切開の話が出てきたのです。

このまま次の検診までに戻らなければ11/2に帝王切開をするか、リスクはあるけど普通分娩で頑張るかの決断をすることになりました。

病院からの帰り道、旦那と帝王切開か普通分娩どちらにするか話をしてリスクが少ない帝王切開をとることにしました。

でも、できれば。

1週間後の検診までに逆子をもどして普通分娩したい!

自分に出きることなんでもやってやる。

今までだってそうしてたくさんの事、乗り越えてきたじゃない!

追い詰められてようやくやる気がでてきたのでした。

逆子をなおす為にやったこと

●逆子体操(1回15分、1日2~3回)

お腹が苦しい時は避けて出来るだけ空腹時に。

姿勢が崩れてないか鏡をチェックしたり、旦那がいたら旦那にみてもらったり(笑)

●語りかけ

これはもう、気づいたときに何度でも!

端からみたら変な人だけどこっちは必死。赤ちゃんだってお腹のなかで聞いてるっていうじゃないですか。

ついでに声に出さなくても何度も心の中で念じてました。

「こまちゃんくるっと回るんだよー。」

「ママはこまちゃんの事下から産みたいなー。」

「お願いしますー。足はここですーー!」

「こう、くるっと!頭はここー!」

こんな類いの事暇を見つけては延々と。

●お灸でツボを刺激する

私、一人目の時に腱鞘炎をやらかして髪の毛すら自分で洗えなくなった時があったんです。

その時に治療でお世話になった先生を思い出して連絡をとってみると効きそうなツボ教えてくれるそうで。

早速予約とって教えていただき…

自宅でも出来るように印つけてもらいました(笑)。

片足3箇所ずつ。

それから初めて薬局でお灸買って自宅で朝晩セルフお灸(笑)。

うーん、独特の匂い。

でもお腹の赤ちゃんの逆子をなおす為!

決戦の妊婦検診

と、まぁ色んなことを本気で1週間コツコツやりました。

半ば意地になって。

逆子が直った方の色んなブログとか見てると逆子が戻った時に分かったっていう方もいたけど、私はイマイチわかりませんでした。

ただ強いていうなら、1週間の途中から上手く言えないけど動く場所が変わったような…

旦那と散歩中、そんな事を話したら、

「そんな気がするだけだよ。」

(旦那超リアリスト。諦めて帝王切開がんばれの訳)

なんて軽くあしらわれたけど。

1週間後の妊婦検診。

いつも通りエコーの前の内診で先生が放った一言。

「おや?逆子なおってるんじゃない?」

どうやら内診のカメラ?で頭が少し見えたようで。

私は思わず、

「え!本当ですか?」

って声をあげてしまった。

次に部屋を変えてエコーの番。

ドキドキしながら機械を当てて貰うと…

「おめでとう。やっぱり逆子なおってるよ。」

と先生が教えてくれました。

その瞬間、色んな気持ちがぶわっと込み上げてきて所構わず泣いてしまいました。

周りの看護師さん達がみんなおめでとう。よかったね。って言ってくれて。

その度に、ありがとうございますってお礼を言いまくったけど。

一番頑張ったのはお腹の赤ちゃんだから。

だいぶ大きくなって、私の狭いお腹の中で動くのはとっても大変だったでしょう。ぐるっと半回転も。

だから、「頑張ってくれてありがとう。」って何度も感謝の気持ちを伝えたよ。

こうして、私は当初の予定通りなんとか普通分娩で赤ちゃんを迎える事が出来るようになりました。

これを読んでくれていて、もし今私と同じような状況にある人がいたら、まずは諦めないで、自分の望む状況になるように自分自身とお腹の赤ちゃんを信じて頑張って欲しいなって思います。

もしかしたら、お腹の赤ちゃんはそれに応えてくれるかもしれません。

でも、もしも望む状況にならなかったとしても、それも赤ちゃんからお母さんへのメッセージだと思って元気な赤ちゃんに会うことが出来ればそれでいいんだと思います。

どうか、無事に元気な赤ちゃんに会えますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする