元歯科関係者のつぶやき【母と子供と歯のこと2】

赤ちゃんと歯①

おまめです。
だいぶ前に妊婦さんと歯の話をしたのですが今回は赤ちゃんと歯の事を元歯科関係者の目線から書いてみますね。
書きたい事いっぱいあるけど、長すぎると見辛いので出来るだけサクッと読んでいただけるよう小出しにして書いていきます~。

※今は新型コロナが流行ってて感染の恐れもあるので歯医者へは極力治療以外行かない方がいいかと思います!

落ち着いてからお出かけしましょ♪

いつどこから生えてくる?赤ちゃんの歯

生まれたての赤ちゃんの口の中を見てみると当たり前ですが歯茎だけです。
ここに歯が生え出すのはだいたい生後半年頃からと言われています。(個人差はかなりあるのであまり神経質にならなくても大丈夫)
大体の子は最初は下の前歯2本から。(乳中切歯といいます)
次に上の前歯2本。
下の前歯2本の両隣、上の前歯の両隣…どんどん奥の方へと続きます。

よだれの量が増えたり、機嫌悪そうな時はもしかすると歯が生えてきそうなサインかも。
生えそうな箇所は盛り上がってみえたり他の場所に比べ押すと固く感じる事があります。
歯が生えようとするとき、赤ちゃんは痛むずがゆいようなので歯がためのおもちゃなど噛ませてみましょう。

ちなみに1才過ぎても乳歯が生えてこない子もたまにいます。そろそろ生えてくる準備をしてるかもしれませんが、その気配がなければ一度歯医者さんに相談してみましょう。

「赤ちゃんの歯医者デビューはいつがいいですか?」
ってお母さんによく聞かれますが、最初の歯が生えてきたら是非一度行って貰いたいと思います。
生えてきた可愛い歯にフッ素を塗って貰いましょう🎵
特に初めての赤ちゃんだと、お母さんは分からないことだらけ。
行ったついでに疑問はぜひ専門家に聞いてみてください。

個人的には歯医者とか医療機関って産後社会との繋がりを中々感じにくいお母さんも社会と繋がれてる事を気軽に実感できる場所だと思っています。

また、そうでないといけない立場も担ってる所だと思います。


ちなみに今、手元に生後5ヶ月のこまちゃんがおりますが歯が生えてくる気配は全くございませんw(口あけてもらおうとしたら拒否された、、)

私も気長に待ちます。

フッ素の話やセルフケアの話はまた今度!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする