元歯科関係者のつぶやき【母と子供と歯のこと1】

こんにちは、おまめです。

また更新が空いてしまいましたがなんとか元気でやっております。

前回から今までの空白の期間も色々ありました。

2歳のちゅんは初飛行機に乗って東京に行き私の趣味旅に付き合わされ。

私はなにが原因か分からずじまいだったけど非常に無気力絶不調な期間があったり。

また嫁姑ケンカ勃発してたり。

そんなこんなを乗り越えて久しぶりの更新です。

少し身の上をお話すると、実はおまめ、つい最近まで歯医者さんで働いていました。

結婚前からかれこれ数年。

残念ながら今のライフスタイルには合わず辞めちゃいましたが。

自分が子供を授かって育てていく上でその経験が少なからず役にたったことがあったのでこれからちょこちょこ書いていきますね。

今回のお話はお母さんについて。

あれ?ちょっと私当てはまるかもって方は是非最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

【子供が欲しいと思ったら子作りと並行して(笑)歯の健口づくりもしよう!】

結婚したばかりの新婚さんorこれから子供が欲しいなぁと思う奥さまには??かもしれません。

逆にお子さんがいらっしゃるお母さんには納得していただけると思います。

妊娠中に歯の治療をしようとすると安定期までの悪阻や体調不良、急な入院などで予定通り進まなかったり、治療内容によっては母体の安全を考えて産後まで延びちゃったりするんです。

かといって、無事出産後お母さんになっちゃうと時間がないんですよね。

ただでさえ慣れない育児で寝れない、体力気力消耗するのにその上歯の治療なんてとんでもない!

そんな暇あるなら寝ときたいわ!!っていうのが大半のお母さんの本音です。

いざ治療となるとこの核家族化で子供の預け先探すの大変だし、連れていったとしても気をつかう&母乳育児なら薬なんかも考えて処方してもらわないといけないし。

実際、産後歯の治療に通ってるお母さんは中々スケジュール通りにいかず予約キャンセル→そのまま治療中断になってしまうことも少なくなかったです。

そして痛くなって駆け込む負のループ…。

とにかく、産後のお母さんに歯の治療は激務っていうか無理ゲーに近いです。

さらに言うなら、妊娠、出産後は母体の口腔内の環境も悪くなりがち。

●食欲が止まらずダラダラ食べ

●赤ちゃん寝せるのと一緒に自分もつい歯磨きせず寝ちゃう

●ストレス、肉体的な疲労

↑原因挙げるならこんな感じかな。

妊活も大事だけど、口腔ケアも大事です!

妊娠までにここまでやろう!デンタルケアのすすめ

これまで記した事+諸々を踏まえて私のオススメは…

  • 妊娠までに治療が必要なところは出来るだけ治療を済ませて定期的に健診に通うところまでもっていく。

  • たまに痛む親知らずなど持ってる方は注意!医師と抜き時を相談する。

母体の口腔内の環境を整えておくのとそうでないのとは育児にも赤ちゃんにも影響すると思いますよ!

できるだけ産後は忘れずに定期健診に行きましょう。

日頃の歯磨きや糸ようじなどのセルフケアももちろん大事ですが…。

あ。

赤ちゃんにも歯が生えてきたら一緒に健診に行くの楽しみになるかもですよ。

出来れば旦那さんにもデンタルケアは頑張ってほしいところですね。

赤ちゃんの為にも!自分たちの為にも!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

皆さん良いお年を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする